平成27年度 国家公務員共済組合連合会佐世保共済病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 237 148 210 451 390 536 986 1066 848 170
 当院は、救急告示病院・臨床研修指定病院・地域医療支援病院等の特色を持ち、佐世保・県北医療圏における基幹病院として、地域に貢献できるよう努めております。
 上記「年齢階級別退院患者数」から読み取れる傾向としては、まず全体的に佐世保近郊の年齢階級別人口と近い形であり、総合的病院として幅広い年代の診療に対応ができるということです。
 60歳代から80歳代の患者数が多い部分では、骨折や関節症の整形外科分野、消化器系疾患(特にがん)または尿路結石や尿路のがん等の泌尿器の分野の診療等が多いです。
 30歳代から50歳代の中には、婦人科系の疾患や乳がんまたは分娩等の女性特有の疾患を多く診療しております。
 0歳代では、小児アレルギー負荷試験が多く、これも当院の特徴の一つであると言えます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 54 20.6 13.6 5.6 74.5
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 47 3.3 3.4 4.3 67.6
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 4.4 3.1 0.0 68.7
 当院内科は、腎臓内科・循環器内科・消化器内科・呼吸器内科・消化器センターに標榜が分かれており、腎臓内科においては「慢性腎不全」の患者さんに対してのシャント造設や透析の実施・管理等を多く行っております。循環器内科では、「狭心症」や「急性心筋梗塞」等の診療における熟練医師が在籍しており、経皮的冠動脈ステント留置術や形成術等の実施等々を行っております。消化器内科は、内視鏡センターが独立しており、内視鏡検査や内視鏡的治療等を多く取り扱っております。臨床研修病院として、医学生への指導等も積極的に実施しており、消化器内科としては、今後も地域の“がん診療”において特に強く貢献していきたい所存でございます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患その他の手術あり 副傷病なし 100 3.4 3.5 0.0 69.1
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等2-5あり 副傷病なし 65 5.3 4.5 0.0 68.5
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等2-6あり 副傷病なし 52 4.4 4.5 0.0 65.1
 当院外科は、消化器外科・乳腺外科・血管外科がメインです。開腹手術・腹腔鏡下手術や抗癌剤療法等による消化器系がんの治療や、その他消化器系疾患の手術等を幅広い範囲で実施しております。乳腺については、マンモグラフィー等の検査や手術・抗癌剤療法による加療を主に実施し、血管外科では、「下肢静脈瘤」に対し、最新機器による「下肢静脈瘤血管内焼灼術」等を実施しております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折人工骨頭挿入術 肩、股等 137 29.1 28.7 78.8 85.1
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷靱帯断裂形成手術等 72 44.9 22.2 0.0 65.2
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし 副傷病なし 64 26.2 21.5 79.7 81.1
 当院整形外科は、院内で最も患者数が多い診療科であり、高齢者の大腿骨骨折や変形性膝関節・股関節症の手術から、スポーツ障害等の手術を年間700例以上実施しており、さらにリハビリテーションや義肢装具の処方等々まで幅広い診療体制を備えております。肩関節障害においては専門医が在籍しており、九州内でもトップクラスの症例実績となっております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍子宮全摘術等 99 13.0 10.2 0.0 44.8
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 84 8.2 5.3 0.0 62.3
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常子宮全摘術等 78 12.9 10.0 0.0 34.2
 当院産婦人科は、子宮がんや卵巣癌に対する手術療法・抗癌剤療法、良性女性生殖器系疾患に対する手術治療等の婦人科系疾患への対応、また自然分娩や帝王切開の産科領域においての対応など、女性に優しい病院を目指し地域医療へ貢献できるよう努めております。
 “平均在院日数”から読み取れるように、手厚い診療により感染症の予防や状態観察まで丁寧に診療しております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 175 10.5 5.9 0.6 60.5
110070xx0200xx 膀胱腫瘍膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 50 12.1 7.6 0.0 74.9
11012xxx040x0x 上部尿路疾患体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 42 3.8 2.9 0.0 54.3
 上部尿路疾患は、腎・尿管結石が主となります。これらに対し、TUL(経尿道的尿管結石術)やESWL(体外衝撃波結石破砕術)等の手術療法が多く行われております。
 膀胱がん・前立腺がん・腎がん・尿管がん等の尿路生殖器系のがん治療においても、手術療法や抗癌剤療法等、多様ながん診療に対応しております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx0xxx 食物アレルギー手術・処置等1なし 41 2.0 2.6 0.0 9.8
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 10.5 6.2 0.0 0.0
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満)手術・処置等2なし 34 7.1 5.7 0.0 1.6
 当院は、日本アレルギー学会教育施設の認定を受けており、小児食物アレルギーに対する食物負荷試験目的の入院や、市民の皆様への公開講座を開催したりと、アレルギー疾患に対して力を入れております。その他も、乳幼児疾患全般・感染症・呼吸器疾患等の診療、さらに日本小児血液・がん学会認定医も在籍しており、小児の血液疾患にも対応しております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 58 7.9 8.2 0.0 23.8
030428xxxxxxxx 突発性難聴 58 12.9 9.6 0.0 54.5
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍手術あり 43 5.9 7.9 0.0 56.3
 扁桃・アデノイド疾患については、幅広い年代の患者さんに対し、内服・点滴治療から手術療法まで多様な診療内容で対応しております。
 突発性難聴の件数も多いですが、内耳疾患に対してはステロイド療法や高気圧酸素療法を適宜患者さんに合わせて選択し、腫瘍や血管の病気等が隠れていないか丁寧に診察しております。
 当院耳鼻科は平成28年1月より日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医研修準認定施設となっており、喉頭がんや咽頭癌などの頭頸部がんに対しての手術や抗癌剤療法等の実績も上昇傾向にあります。
 その他、嚥下内視鏡検査・嚥下造影検査を実施し、嚥下訓練によるリハビリや嚥下改善手術による治療も行っております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 83 8.3 8.4 0.0 76.4
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 80 4.5 3.0 0.0 73.5
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性手術なし 手術・処置等2-4あり - - 2.5 - -
 当院眼科の入院症例の約80%は「老人性白内障」に対する「水晶体再建術」です。
 白内障以外の症例については上表の通りであり、黄斑変性に対してのレーザー治療等を実施しております。

麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 21.7 - -
010111xxxxx0xx 遺伝性ニューロパチー手術・処置等2なし - - 14.3 - -
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 9.9 - -
 麻酔科としての入院は稀です。上位3疾患についても年間10症例を下回っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 19.3 - -
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし - - 18.1 - -
010060x099130x 脳梗塞(JCS10未満)手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2-3あり 副傷病なし - - 19.9 - -
 平成27年度は、脳神経外科の入院は少数でしたが、平成28年度より医師2名体制で救急搬送等の受け入れ実績も上がっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 50 - - 26 - - 1 6
大腸癌 48 20 50 60 - 16 1 6
乳癌 - - - - - - 1 6
肺癌 40 27 - - - - 1 6
肝癌 - - - - - 23 1 6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 がんがどれくらい進行しているかを示すものが“ステージ”であり、ステージⅣが、がんが最も進行している状態ということになります。
 当院では、大腸癌や胃癌といった消化器系のがんに対する手術治療や、抗癌剤による治療また内視鏡的切除等の症例が多いことがわかります。UICC病期分類からも読み取れるように、早期のがんから末期のがんまで万遍なく対応しております。
 上記データより、特に「胃がん」「大腸がん」の患者数が多いことが読み取れますが、これは、早期がんに対しての内視鏡的治療が多く実施されていることを反映しています。
 画像診断や内視鏡診断からのがん発見や、他の医療機関からの紹介等、診療開始の経路は様々です。
 呼吸器系の常勤医は現在不在となっておりますので、肺癌の症例は少ないです。
 乳癌については、乳腺外来を通じて癌の早期発見に努め、市民の皆様の健康に寄与できればと思います。 
 治療以外にも、すべてのがんにおいて緩和ケアチームによるメンタルサポートなども実施しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 - - -
重症度 1 18 11.8 78.1
重症度 2 15 16.8 84.1
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
 当院においては、呼吸器内科の常勤医師が不在ということもあり、軽症の肺炎患者数が多く、重症度の高い患者数は少なくなっています。
 年齢層が高くなると、肺炎の重症度が上がり、在院日数も長めであるということがわかります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - 8 29.2 72.5 50.0
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
 平成27年度は、常勤の脳神経外科医が当院に在籍しておらず、脳梗塞の症例も上表の通り少ないです。
 平成28年度は、2名体制で診療を実施しており、脳梗塞の症例や頭部に影響がある交通外傷等の症例も受け入れるようにしておりますので、この分野でも地域医療に貢献できるよう努めてまいります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 93 1.0 1.5 0.0 69.6
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 61 4.3 8.9 0.0 60.9
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 25 1.7 7.5 0.0 66.4
 診療科別に、手術件数の多い順に上位3術式について、症例数・平均術前日数・平均術前日数・転院率・平均年齢を表示しております。
 この指標により、各診療科でどのような手術を多く実施し、入院の流れがおおよそどのようなものかを知ることができます。
 手術難度が高く加療が長い症例については、症例数を伸ばすことは困難なので、資料における実績が、一概に当院の得意分野と一致するとは限りません。
 【診療科コメント】上記手術以外にも、腸や胃や肝臓または膵臓等の消化器系のがんに対する切除術等も多く実施しております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 158 1.0 4.0 0.0 75.2
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 10 3.0 8.8 0.0 67.6
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - - - - -
 診療科別に、手術件数の多い順に上位3術式について、症例数・平均術前日数・平均術前日数・転院率・平均年齢を表示しております。
 この指標により、各診療科でどのような手術を多く実施し、入院の流れがおおよそどのようなものかを知ることができます。
 手術難度が高く加療が長い症例については、症例数を伸ばすことは困難なので、資料における実績が、一概に当院の得意分野と一致するとは限りません。
 【診療科コメント】当院眼科の手術症例の大部分は、「白内障」に対する水晶体再建術です。眼内の濁った水晶体を除去し、人工のレンズを挿入することで、眩しさやかすみ、視力低下の改善効果が期待されます。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 109 2.1 10.3 0.0 48.5
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 78 4.7 10.4 0.0 34.5
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 56 4.0 10.6 0.0 32.5
 診療科別に、手術件数の多い順に上位3術式について、症例数・平均術前日数・平均術前日数・転院率・平均年齢を表示しております。
 この指標により、各診療科でどのような手術を多く実施し、入院の流れがおおよそどのようなものかを知ることができます。
 手術難度が高く加療が長い症例については、症例数を伸ばすことは困難なので、資料における実績が、一概に当院の得意分野と一致するとは限りません。
 【診療科コメント】子宮筋腫や子宮脱または子宮がん等に対する婦人科系疾患の手術に多く対応しております。また、帝王切開等の産科領域の手術についても対応可能です。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 59 1.0 6.0 0.0 23.9
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 30 1.2 3.9 0.0 53.0
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) 14 1.4 5.6 0.0 52.1
 診療科別に、手術件数の多い順に上位3術式について、症例数・平均術前日数・平均術前日数・転院率・平均年齢を表示しております。
 この指標により、各診療科でどのような手術を多く実施し、入院の流れがおおよそどのようなものかを知ることができます。
 手術難度が高く加療が長い症例については、症例数を伸ばすことは困難なので、資料における実績が、一概に当院の得意分野と一致するとは限りません。
 【診療科コメント】当院耳鼻科は平成28年1月より日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医研修準認定施設となっており、喉頭がんや咽頭癌などの頭頸部がんに対しての手術や抗癌剤療法等の実績も上昇傾向にあります。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) - - - - -
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - - - - -
K300 鼓膜切開術 - - - - -
 診療科別に、手術件数の多い順に上位3術式について、症例数・平均術前日数・平均術前日数・転院率・平均年齢を表示しております。
 この指標により、各診療科でどのような手術を多く実施し、入院の流れがおおよそどのようなものかを知ることができます。
 手術難度が高く加療が長い症例については、症例数を伸ばすことは困難なので、資料における実績が、一概に当院の得意分野と一致するとは限りません。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 95 4.7 26.0 59.2 85.9
K0821 人工関節置換術(膝) 54 1.5 34.6 2.4 72.8
K0811 人工骨頭挿入術(股) 51 6.8 23.9 31.2 83.2
 診療科別に、手術件数の多い順に上位3術式について、症例数・平均術前日数・平均術前日数・転院率・平均年齢を表示しております。
 この指標により、各診療科でどのような手術を多く実施し、入院の流れがおおよそどのようなものかを知ることができます。
 手術難度が高く加療が長い症例については、症例数を伸ばすことは困難なので、資料における実績が、一概に当院の得意分野と一致するとは限りません。
【診療科コメント】高齢者の骨の疾患で多い「大腿骨の骨折」に対しての症例が最も多いです。また、「変形性膝関節症・股関節症」に対しても、治療計画に沿った手術実績が多くあげられます。上表にはございませんが、肩関節の疾患についても、数少ない専門医が当院には在籍しております。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 49 6.7 19.2 1.6 68.1
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 36 0.8 9.4 0.0 71.1
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 33 2.0 11.6 1.6 71.0
 診療科別に、手術件数の多い順に上位3術式について、症例数・平均術前日数・平均術前日数・転院率・平均年齢を表示しております。
 この指標により、各診療科でどのような手術を多く実施し、入院の流れがおおよそどのようなものかを知ることができます。
 手術難度が高く加療が長い症例については、症例数を伸ばすことは困難なので、資料における実績が、一概に当院の得意分野と一致するとは限りません。
【診療科コメント】当院内科は、大きくは「腎臓」「循環器」「消化器」の専門に分かれております。症例数1位の経皮的シャント拡張術は、「慢性腎不全」の患者様が体内の血液や水分を循環させる”透析”時に使用する、体内に埋め込まれた「シャント」と呼ばれる器具に不具合がある場合に実施されます。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 171 2.8 7.8 0.8 60.6
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 51 1.5 11.4 0.8 75.1
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 42 0.9 1.9 0.0 54.3
 診療科別に、手術件数の多い順に上位3術式について、症例数・平均術前日数・平均術前日数・転院率・平均年齢を表示しております。
 この指標により、各診療科でどのような手術を多く実施し、入院の流れがおおよそどのようなものかを知ることができます。
 手術難度が高く加療が長い症例については、症例数を伸ばすことは困難なので、資料における実績が、一概に当院の得意分野と一致するとは限りません。
【診療科コメント】腎・尿管結石を除去するための多様な術式を当院では実施しています。それぞれ、標準化した診療計画に沿って計画的に治療が行われます。尿路・男性生殖器系のがんに対する手術も多様に対応可能です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.02%
異なる 10 0.20%
180010 敗血症 同一 1 0.02%
異なる 19 0.38%
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.02%
異なる 2 0.04%
180040 手術・処置等の合併症 同一 73 1.45%
異なる 2 0.04%
 最も医療資源を投入した傷病名が「播種性血管内凝固症候群(DIC)」「敗血症」「その他の真菌感染症」「手術処置等の合併症」であるものについて、当該傷病名と入院の契機となった傷病名が同一であったか否か、また症例数と全症例に対する発症率を示しております。
 これらの疾患は、臨床上ゼロになるのは大変困難ではありますが、少しでも改善すべきものとして数値を追ってまいります。
 これらの疾患は、診療報酬上の評価が高いため、アップコーディングとならないよう慎重に病名を選定しており、当院の数値は全国平均と比較しても適正なものであると言えます。
 
 当院では、腎臓内科にて“透析患者”の診療を多く行っております。
 シャント(血液を循環させる透析時に使用する皮下に埋め込む器具)にトラブルが発生した場合の対処手術を当院では実施しており、この治療の分類が下記の「手術・処置等の合併症」に分類されるため、発症率の数値が高くなっております。
更新履歴
2016/9/14